革クラフト・和裁・洋裁・編み物・手芸などの手作り作品紹介。今まで作りためたモノを少しずつ紹介していきます。「手作りに見えない手作り」が目標です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ発表会 マーガレットドレス

ばら
今年のおチビのピアノ発表会も、無事終わりました。


今年は新たにドレスを作る気力がなく・・・
おねえのときに作ったピンクのマーガレットドレスを着てもらいました。無理やりネ。

というのも、去年までは文句も言わずドレスを着てくれたおチビ。
そんなかわいいおチビも、とうとう、

「ドレスはイヤだ!」

というお年頃になってしまった
「来年はゼッタイ着ない」そうである。
でも、私はまだドレスをつくり続ける夢をあきらめてはいない・・・・


うしろ姿
DSCN3274.jpg
パニエはナシで、自然なふんわりがいいカンジ。

おチビ晴れ姿
piano.jpg
ペダルが上手に使えるようになりました。うまくなったネ。


おねえ晴れ姿
kako29M.jpg
やっぱり5年前、小6のときに着てました。サイズ、ほぼ同じみたい。ドレスの細部はコチラで⇒おねえのときの マーガレットドレス




 ブログランキングです。
  ↓ ↓ ↓

応援よろしくお願いいたしまする

スポンサーサイト

元気オレンジのドレス

やっぱり写真は自然光が美しいですね。
実際の光沢とか、鮮やかな色が出ています。
基本のドレス
DSCN1921.jpg
この布、なんて名だっけ?サテンにキラキラオーガンジーを接着したような、シャイニーなオレンジです。サテンはほつれやすいのがやっかい。
バックスタイル
DSCN1922.jpgDSCN1923.jpg
後ろはくるみボタン、左脇ファスナーになってます。リボンは取り外し可能。2つ作ったので、このドレスだけで着るときは好きなところにとめて。両肩でもいいですよね。

オーバースカートをつけて
DSCN1924.jpgDSCN1925.jpg
黄色とオレンジピンクのオーガンジーをずらして重ねて。行き当たりバッタリの私は、とりあえず円っぽく布を裁ち、広がり具合とか、ギャザーの入り方とか、ボディにピンでとめつけて何度も直しました。どんどん小さくなってゆく~~
ちょっとオーバードレス、長かったかな~端は巻きロックで始末。なるべくバイアスに、伸ばしながらかけるとフリフリに。


布、材料はすべて大塚屋で購入。とにかくココはこういう衣装用特殊生地の種類が豊富。お値段もいろいろ。ウエディングサテンは、やっぱり上質でうっとりな手触りなんだけど、チビには贅沢。かといってメーター300円のサテンで素人が作ると、いかにもってカンジでイヤ。値段と相談しながら、いろんな布を重ねてみて、汗だくになりながら選びました。

作るとき苦労するのは、いつも裏地。めんどくさいし、きちんとした洋裁の基礎がないので、なかなかピタッと上手にできませんでした。
でも、今回はパニエもつけてないし、オーガンジーはオーバースカートとして別々に作ったので、ウエストのギャザーと継ぎはラクでした。ギャザーの入ったスカートを何枚も重ねてぬうのもまたタイヘンなので。

もう、最後はモウロウとしていて・・・・明け方わたしがオーバースカートに四苦八苦していると、ダンナがムックリと起きて、「そのフリフリつけねぇほうが清楚でいいんでねぇが?」と無責任思いつき発言。そう言われると、自信がないもんだから、揺らぐのよね~が、しかし、せっかくここまで作ったんだから、最後までやって、チビがフリフリを嫌がったらやめようと。つけない場合を考えて、リボンは2つ作ったわけ。
結局、チビもいいよと言ってくれたので、オーバースカートつけました。
うん、ステージでは、華やかなほうがいいな。
ダンナも終わったあとで、「やっぱりあのフワフワが、椅子に腰掛けるときとか広がっていいカンジだっけな。」と言っておりました。


この元気オレンジが、とってもよく似合ってたべな~
いや、満足、満足・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・どっとはれ。

ドレスギリギリ間に合う

ドレス、発表会の日の朝6時にできあがりました。
完徹(完全徹夜)しちまいました。

なんでもっと早くとりかかれないのだろう・・・
縫いながら、間に合うかドキドキ・・・・

できあがりはこんなふうです。
DSCN1884M.jpg


チビ晴れ姿
発表会

チビ、がんばりました。とっても上手でした。
そして、ドレス、本当はあまり気が向かないのに、文句ひとつ言わず、よくぞ着てくだすった。ありがとう母はうれしいぞよ~~

というふうに、無事発表会も終わったわけですが、この老体に徹夜はいけません。クラクラです。
後ほどまた細部の報告いたします。今日はとりあえず、このくらいで。

ドレス作成中

生きてます。
チビのピアノ発表会用ドレス、作ってます。
飲まず食わずで・・・・・


DSCN1878.jpg

って言っても、誰も信じてくれませんよね。

はい、しっかり食べてます。
しっかり寝てます。

今日明日、ガムバリマス

黒のドレス ~初めて作ったドレス

これが最初に作った、原点ドレス。卒業式の謝恩会用に作りました。友人の結婚式にも何度か着たな~
20070611141212.jpg


20年前すでに「ギリギリの女」だったので、前日の夜中まで裾あげのまつり縫いした記憶あります。

20070611141232.jpg

 
写真でわかりますでしょうか?起毛のバラの織り模様がゴージャスなウールです。なんていう織りなのかわかりません。思ったほど縫いにくくはなかったな~下のスカート部分は普通のウール。どちらも盛岡の「キャリコショップ」で購入。高かったけど、既製品を買うよりは安かったと思います。ウエストの切り替え、ディズニーのお姫様みたいに、へその下ですこ~しVの字になってるんです。で、ギャザーいっぱい寄せて、後ろには大きなリボンがついてますね~ん~~ロマンちっく~~これも、捨てられなくて、実家の茶箱ん中だな。たぶん・・・

ベビードール風ドレス

チビのピアノのコンクールがありました。今、彼女が夢中なのは、『きらりんレボリューション』。マンガにもカードゲームにもすごい執着。で、「こんなドレス作って!」と持ってくるのはハデハデドレスのカード。そのハデハデな飾りを取り去って簡単にしたら、こんなベビードール風ドレスになりました。リクエストはパンツもついてたのですが、仮縫いの時点で却下。ドレスだけのほうがミニ丈でかわいかったし、なにより作らなくて済む。ラッキー!
DSC01124.jpg

ストレッチサテン(パンツも作る予定だったのでストレッチ)と光沢のあるオーガンジーで。スカート部分は3重になってます。オーガンジーは1メートル398円(安っ!)を2メートルしか買わなかったから、ボリューム出すためのフレアーと裾をバイアスに裁つために苦労しました。裾部分バイアスだと、巻きロックがキレイに入ってチリチリフリフリになるんですよね。ハイウエストの切り替えにはリボンで作った小花が。1つ68円の既製品です。作る気力なかったんで手抜きしました。で、なんとか、出発2日前に完成!
DSC01105.jpg

靴は出発前日、古くなったハイカットのスニーカーに余ったサテンを貼り付けて作ろうと試みました。でも、あえなく失敗・・・。長女からのお下がりで履いていた白いフォーマルの靴ももう小さくボロボロだし・・・もう買いに行く時間ないし・・・で、コンクール前日、秋田で探し、安くて普段も履けるようなサンダルを買いました。ブルーのスパンコールがついてて派手だから、いいかも~

DSC01106.jpg

髪飾りはドレスにつけた花で作っていったのですが、セントレアのお店でピッタリの髪飾り発見。即、買いでした。ゴムにリボンがたくさん結んであって、その先にハートのラインストーンがついてるんです。派手~~~!いいアイデア~これ、作った人エライ!で、トータルで、いいカンジでしょ?写真はやっぱりダメだけど・・・ 
DSC01166.jpg

花のドレス → 天使のドレス

20070217153234.jpg

20070217153307.jpg
20070217153336.jpg

20070217153409.jpg

これ、はじめはオーガンジーの小花を散らしたシンプルドレス。この子(一番早くに結婚した私の幼なじみの娘)は今大学生だから10年近く前に作ったのかな?それを今度は、依頼者の友の「派手に!」のリクエストで天使にアレンジ。ファーでドレスを縁取り、輪っかなどの小物も作りました。小花は天使の羽に付け替え、超ハデハデ衣装完成!よく恥ずかしがらずに着てくれました。ありがとう!

黒×黒のドレス

20070212121505.jpg

20070212121519.jpg

学生時代、吹奏楽部のステージ衣装は黒のフレアのロングスカートでした。その裾に穴が開いてしまったので、そこからバッサリ切って、上にオーガンジーを二重に重ねました。ついでに上もサテンとオーガンジーで。衿は皇太子ご成婚時の雅子さまのドレスをちょっぴりまねています。って、全然違うけど。

セーラーカラーのデニムのドレス

se-ta-046.jpg

se-ta-047.jpg

「手ママ」にリカちゃんの洋服の特集があって、そのなかでデニムのかわいいのがあった。こんなのきせたいな~と思い、作ってみました。でも型紙もテキトウだったので、全体のシルエットやセーラー襟がアンバランスで・・・人形のようにはいきませんでした。ボタンはパール。襟と裾にレースがついています。140cm

黒のドレス

se-ta-042.jpg

se-ta-041.jpg

se-ta-044.jpg

ティンカー・ベルのドレスの前に、自分のを作りました。ブティックの試着室で売り物をよ~く観察して・・・黒のサテンに光沢のあるオーガンジーを重ねています。ショールは黒のオーガンジーとむらさきベースの玉虫いろに変化するオーガンジーの2枚重ね。どちらを表にするかで表情が変わります。これらは仙台のマブチで購入。その後も生地のサンプルを送ってもらい、電話で注文したり、お世話になりました。去年久しぶりに着てみましたが・・・鏡の中の私はずいぶんくたびれていて、全然似合わない~~それにこの二の腕はなんだ!ショールなしにはムリ!もうこれが着おさめだな・・・そう思いました。サイズはヒミツ。

ベロアのドレス

se-ta-038.jpg

se-ta-039.jpg

「手ママ」通販で購入。クラシックな花柄のベロアです。デザインも「手ママ」だったと思います。襟ぐりのラインにちょっとこだわった記憶が・・・後ろボタンで前はシンプル。生地のよさを生かすにはシンプルに限る!150cm

ティンカー・ベルの水色ドレス

YOKO004.jpg

YOKO005.jpg

サテンと光沢のあるオーガンジーで。裾のギザギザが妖精ティンカー・ベルのイメージ。オリジナルデザイン。っといっても、ブティックの大人のドレスでそんな感じのドレス発見。試着室にこもって構造をじっと観察し、まねっこ。12枚はぎのスカートです。ウエストのポイントに、同系色のサテンやオーガンジーでケシのような花を作り、ワイヤーでつなげてベルトにしました。首やウエストなど、好きな位置に巻くことができます。長女も次女のお気に入りでした。120cm 
kako24.jpg

サンダルにもそろいの花をつけました。

黄色いレースのドレス

YOKO002.jpg

YOKO003.jpg

木綿の総レース。写真よりもっと淡いレモンイエローです。片方のみみがスカラップになっていました。高かったのでギリギリの寸法しか買えず、布の裁ち方に苦労しました。スカートのすそはスカラップがとれたのですが、袖口は裁ちっぱなし。しかも七分丈。自分でジグザグミシンでスカラップもどきにしてごまかしました。透けないように、裏地には中肉のさらりとした木綿を使いました。生地のよさを生かす、シンプルなデザイン。「手ママ」のドレス参考。120cm
20070214163736.jpg

こんなカンジです。まだブカブカ。

おそろいのピンクのドレス

YOKO006.jpg

YOKO008.jpg

YOKO007.jpg

姉妹おそろいのドレス。ピンクのモアレのタフタに白のシルクオーガンジー。襟とすそにはレース。スカート部分はタフタと2枚のオーガンジーで3重。後ろ姿がかわいい。「世界一かわいい少女の服」のドレスを参考にアレンジしました。100cm・140cm
kako25.jpg

ピンクのマーガレットのドレス

YOKO013.jpg

YOKO014.jpg

ピンクのシャンタンのシンプルドレスに白のシルクオーガンジーのオーバードレスを重ねました。胸元にはレースの花をビーズでとめてあります。清楚なかんじで、これも気に入っています。オリジナルデザイン・・・といっても、いろいろな本のドレスを参考にしています。140cm
バックにはお花のボタンが。後姿もキュートです。

DSC00360.jpg


おねえの晴れ舞台
kako29M.jpg

ん~~別人・・・

黒と白の水玉ドレス

YOKO015.jpg

YOKO016.jpg

黒のサテンのノースリーブのシンプルなドレスに、白と黒の水玉サテンのドレスを重ねています。それぞれ別に着ることもできます。ボタンかけは細いブレードなのでバラバラはずれてタイヘンでした。「手ママ」より。140cm
続きを読む

おっきなリボンのドレス

YOKO018.jpg

YOKO019.jpg

この生地はなんていうんだろう?水色のサテンにきらきらのピンクのオーガンジーをくっつけたような、見る角度によって色が変わる布です。それに水色のオーガンジーを重ねたり、おっきなリボンをつけたりしました。依頼者のデザインスケッチから。130cm

ピンクのチュールドレス

YOKO009.jpg

YOKO010.jpg

ピンクの派手派手ドレス。サテンにチュールをリボン状にしてギャザーを寄せ、縫い付けたドレス。チュールは安めなので助かりましたが、10メートルくらい使いました。その作業が根気根気で、手は痛くなるし飽きるし、途中でやめたくなりました。スカート部分のボリュームを出すため、下のパニエもやはりたくさんのチュールを使っています。「手ママ」のクライ・ムキさんデザインです。140cm

羽のドレス

YOKO011.jpg

YOKO012.jpg

黄色と水色のサテンとオーガンジー。2色のオーガンジーが重なったところは黄緑になって、華やかです。スカート部分は「手作りママキディ」を参考にしました。色、オーガンジーの合わせ方は、友人の結婚式の色ドレスがヒントになっています。140cm

水色のバラのドレス 

YOKO000.jpg

YOKO001.jpg

生地はタフタ、オーガンジー。モアレ(木目調の模様)が浮き出るタフタで、ハリと光沢があって上品な感じが好きです。オーガンジーも水色とグレーの間の、ちょっとくすんだ色がなんともいい味わい。バラと3段フリルと2本の肩紐がポイント。「世界一かわいい少女の服」という本から、3つのドレスを参考に、アレンジしました。今まで作った中でコレが一番好きかも。110cm
kako26.jpg

プロフィール

mayui

Author:mayui
夫1人、娘2人の専業主婦
盛岡市出身、秋田に嫁ぎ15年、最近名古屋の近くに引っ越しました。
好きなモノ:チョコ付きコーヒー、マンガ、テレビ
好きなコト:材料を買う、モノを作る、人に見せる。いろいろな作家の手芸本を買って眺めながら、作りたいものを考える時間も好き。下手なフルートを吹くのも好き。へび年のいのしし座

MY SHOP
手作りの店はじめました MAKING×LIVING
 
↑こちらのバナーからどうぞ
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています

FC2Blog Ranking

↑コチラ ポチっとお願いします!
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。